ギャンブラータコサダのFX・競馬・副業ブログ。全ギャンブルで勝ち越す。

自分の好きなことを好きなだけ書く。

2018年1月の勝率やトレード結果を公表してみる。

time 2018/02/01

2018年1月の勝率やトレード結果を公表してみる。

間違いなく僕みたいなトレーダーのデータなんて必要ないかもですが、書いてみようと思います。

なかなかここまで公表しているトレーダーさんはいないので「おっ、勇気あるねぇ」くらいの感じで思ってくれたら嬉しいです♪

決して上手いとは言えませんが、なんとかプラスでした(^_-)

去年はスキャルピングにも挑戦したし、手探りながら色んな事にチャレンジしました。

今年に入ってからのとりあえずのトレードルールはこんな感じ。

・損切はできるだけ早く、ローソク足1本で執行するようにする。

・損1に対して利食い2以上を頑張って狙っていく。(または、それが見込めるポイントで入る。)

・負けても気にしない。

スキャルピングというかはデイトレードという感じです( `ー´)ノまぁルール破ってたくさん失敗したっすけど笑

それではざっくりですが、公開したいと思います。

sponsored link

1月のトレード色々。

+111pipsとなりました。はい、満足です。笑

けどミスもたくさんしたな、ほんといつ納得できるトレードができるんだろうか。

合計41トレードで勝率は39%でした(笑)これはちょっとさすがにひどいです・・・ね笑。

けど損は早く切ってるので仕方ないと自分に言い聞かせ・・・ってよくプラスになったな笑。

勝ちトレード一回平均22pips

負けトレード一回平均9,7pips

うん、損小利大になってる!だから多少勝率がひどくてもプラスにできてるんだと思う。

あと自分の原点に戻る形だけど、やっぱりブレイクは優位性あると思うんだよな。

というか、あるよ。

場面が切り替わったときにインすれば損小利大のトレードが作りやすくて僕には合ってる印象でした。

ちょっと簡単に絵にしてみます。

例えば長期足(1時間足や4時間足、日足など。)で上にいくだろうと考えているときの短期足(5分足や15分足)で下げ止まりを感じたときの抵抗線上抜けでのロング。

損切は青いラインどちらでも好きな方を選べばいいけど、直近高値まで伸ばせる可能性が高いので損よりも利益が大きくなりそうな感じしますよね(^_-)

例えば黒い太い線が長期足での有効なラインが引けた場合、長期足のほうで叩かれたと判断できれば薄い黒線で引けたトレンドラインを割ってきたときにショートすれば太い黒線を味方にできるトレードになると思う。

1時間足で引けるトレンドラインや水平線はやっぱり見られているのか、割れるとそれなりにローソク足が動いてた。

そのローソク足を短期でタイミングみてインする感じ。

・・・なんかむちゃ当たり前のこと言ってる気がする(笑)

 

僕のトレードの時間とか見たい人いますか?

上手い下手関係なく人のトレード見るのって面白いですよね。

今回公開してみることにしました、覗いてみたい方はお手数ですがブログランキングのパスワードを入力してみてみてください♪

為替・FXランキング
こちらのパスワードを、この記事に打ち込めば見れるようにしています( `ー´)ノ

トレード公開記事

今スマホで確認したんですがちょっと見にくいかもですが大体わかると思います。

※画像をかえてみました、かなり見やすくなったと思うので恥ずかしいですがみてやってください( `ー´)ノ

きがかわったら消すかもしれません笑。

sponsored link

down

コメントする




スポンサーリンク




プロフィール

FXトレーダーですがまだまだヒヨコレベル。
ブログでは初心者様などに「勉強になった。」と言われるような記事を書けるように頑張ってます。
質問や、書いてほしい記事、ビジネス提携の方はお気軽に連絡してください(^_-)







sponsored link